美容外科の診療内容

美容外科では、美容に関連する様々な施術を行い、その診療内容は、「豊胸」「脂肪吸引」「目」「フェイスライン」「わきが多汗症」「薄毛治療」「若返り」など、広く分かれています。

最も有名なのは目元の整形ですが、これも最近では、技術の進化によっていくつかの方法を選ぶことができます。
二重の施術には、メスを使用して行う切開法と、糸を使用する埋没法という方法に分かれています。
切開法は、まぶたを切開し二重の線を入れますから、一度施術すると二度と消えることはありません。
埋没法は、まぶたに糸を埋め込み二重の線を入れます。気に入らない時や元に戻したい時は、糸を取り除けば元に戻すことができますが、維持したい時でも時間が経つにつれ糸が伸びたり切れたりした場合は元に戻ります。

また、目元形成では、腫れぼったい目を切開し余分な脂肪を取り除きスッキリさせるマイクロリポサクション法や、目元の皮膚が加齢によってたるんだ時には、眉下切開法があります。
メスを使用しない方法もあり、目元のたるみに、注射器で脂肪をとったり、くぼんだ場所にコラーゲンを注入したりすることでシワやたるみを改善させる方法もあります。施術時間は切開の方法より短時間ですみます。