美容外科の診療内容

美容外科では、美容に関連する様々な施術を行い、その診療内容は、「豊胸」「脂肪吸引」「目」「フェイスライン」「わきが多汗症」「薄毛治療」「若返り」など、広く分かれています。

二重まぶた最も有名なのは目元の整形ですが、これも最近では、技術の進化によっていくつかの方法を選ぶことができます。二重の施術には、メスを使用して行う切開法と、糸を使用する埋没法という方法に分かれています。切開法は、まぶたを切開し二重の線を入れますから、一度施術すると二度と消えることはありません。埋没法は、まぶたに糸を埋め込み二重の線を入れます。気に入らない時や元に戻したい時は、糸を取り除けば元に戻すことができますが、維持したい時でも時間が経つにつれ糸が伸びたり切れたりした場合は元に戻ります。

また、目元形成では、腫れぼったい目を切開し余分な脂肪を取り除きスッキリさせるマイクロリポサクション法や、目元の皮膚が加齢によってたるんだ時には、眉下切開法があります。メスを使用しない方法もあり、目元のたるみに、注射器で脂肪をとったり、くぼんだ場所にコラーゲンを注入したりすることでシワやたるみを改善させる方法もあります。施術時間は切開の方法より短時間ですみます。

コラーゲンを生成しやすくする美容施術

現在行われている美容整形などの施術の中に、高周波を肌に当てたり、ラジオ波を当てることにより肌の真皮にあるコラーゲンを刺激して強化させたり、新しく生成させることを行えるものがあり、肌のたるみやシワなどの悩みを抱えている人のあいだで人気があるものです。

施術もとても簡単に行えることもあり、その後の肌にハリや潤いが再生されることで、多くの人がこれらの施術を受けて、肌の悩みを改善させています。コラーゲンが肌の中で作られやすくなることで、顔や体に現れているたるみが見られなくなり、すっきりとした若々しい体を再現することができるものです。

施術方法も、高周波やラジオ波を肌に当てるというシンプルな方法や、余分な皮下脂肪を取り除く脂肪吸引により行えるために、痛みもなく若返りを図ることができるものが多いものです。女性だけではなく、近年では男性の方の希望者も増加しているのが特徴といえるものです。コラーゲンを生成させやすくできる施術が注目されています。

美しくありたい方のためのアンチエイジング

いつまでも、若々しくきれいでいたいという願いは全ての女性に共通している願いでしょう。最近は、そういった女性の願いをかなえることが出来るアンチエイジングが美容の主流となっているようです。アンチエイジングとは老化の原因を抑えることにより、実年齢より若く見えるようにすることです。最近は女性だけではなく男性の利用者も増えてきているようです。

アンチエイジングの方法としては、専門の医療機関でサプリメント処方や運動療法などの内科的な診療とレーザーやコラーゲン・ヒアルロン酸、ボトックスの注入療法などの美容皮膚治療などがあります。美容皮膚治療はメスを入れたりしないので比較的安全は方法となっています。

アンチエイジングを得意としている医療機関はたくさんありますが、やはり、より安全に施術を行ってくれるところがよいので、口コミや評判をよく調べて、評判の良い医療機関を探すことが重要です。昨今の日本は平均寿命が長くなってきているのでアンチエイジングを行うことで若々しい時間をより長く持続させることが出来ます。


関連記事

男性の美容外科
美容外科と自由診療